株価は良いけど…

今日の日経平均株価は197.53円高で2万2,823.26円となりました。前日の米株の絶好調が、材料です。 それにしても最近は3桁の変動でもちっとも驚かなくなってきたのが怖いです。。

しかし日経平均株価の好調さとは裏腹に、ドル円の動きは寂しいものがあります。昨日は110円台に乗せて景気が良かった分、尻すぼみな動きです。おそらくポジション調整に入っていることと思われます。一方ユーロドルはと言うと、1.177ドルから緩やかに上昇しています。昼頃には値を下げた場面はあったものの、東京時間終了時には1.18ドル台を回復しています。

欧州時間に掛けてみておきたいのは、ユーロドルが何処まで伸びるのかでしょう。ヨーロッパ政治に関して特に大きなニュースが入ってこない限りは、堅調に推移すると見ましたが、、、

欧州株はやや軟調気味で、イギリスFTSE・ドイツのDAXは共に前日比を下回っています。EU離脱交渉において、現在のイギリス政権が弱ってきているとの見方が広がったようです。今月下旬にはEU首脳会議が予定されているので、気をつけておきたい所ではあります。

東京時間からじわじわ上昇を続けたユーロドルは、欧州時間になってもじわじわと伸びています。ついに1.18ドル台へとのぼりつめて、堅調に推移しています。一方ドル円はと言うと、110円台を推移しています。上に行くもなく下に行くもなく固さが拭えません。

後に控えているのが、日米首脳会談です。北朝鮮について話し合われるとされますが、貿易問題についても議論される予定です。もしトランプ大統領が何か言ってきたら…。