波乱過ぎた1週間

先週はあまりにも波乱過ぎて、一時期本当にどうしようかと思っちゃいました。 アメリカ大統領前は様子見ムードとなり、為替はほとんど動かずな状態。市場はクリントン候補勝利と見ていましたが、メール問題が明らかになり不透明感が漂っていました。

しかしFBIはメール問題について追及しないと示し、トランプ候補の勝利はあり得ないと予想。 しかし結果はトランプ氏勝利となり、市場は一時騒然としました。でもトランプショックが和らぐと、市場は一気に巻き返しドル円は106円台にまで上り詰めたのです。

感想も何も濃過ぎるとしか、答えようがないですね。経済政策については評価されてるものの果たしてアメリカは、日本はこの先どうなってしまうのか…。不安でしかない。